安い自動車任意保険は?


安い自動車保険は?自動車を公道で走らせるためには自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)に加入しなければなりませんが、新車購入時や車検時には強制的に加入させられるので忘れることはありません。


しかし自賠責保険に加入しているからといって安心してはいけません!自賠責保険で補償されるのは自動車事故の被害者だけで(運転者の死傷、物損は補償対象外です)、補償額も


・死亡補償額:3,000万円

・後遺障害:4,000万円

・傷害の場合:120万円


と、あくまでも被害者(その家族)救済のための最低限の補償額となっているのです!


職業、年齢によっても異なりますが、死亡させてしまった場合、1億円を超える損害賠償額も珍しくなく、自賠責保険の補償額を超える損害賠償額となった場合、当然、自分の財産から支払わなければなりませんが、そのような多額の損害賠償金を支払える方は数少ないと思います。


以上のことから自賠責保険だけの補償額では不安ですし、自賠責保険では補償対象外の自動車事故を起こしてしまった運転者の補償や車両(物損)の補償を考えると、自動車任意保険に加入することが当たり前となっています(任意保険の加入率は約7割となっています)。


自動車事故を起こした場合、損害賠償(民事責任)とは別に、行政上の責任「減点・免停・免許取り消しなど」、刑事上の責任「罰金・禁固刑・懲役刑」も受けなければなりません。


 安い自動車任意保険はドコ?



自動車任意保険に加入することは常識となっていますが、自動車任意保険の保険料は決して安くありませんので、少しでも安い保険会社(損保)を探したいものです。


しかし近年ほとんどの保険会社(損保)が加入者(運転者)の条件、被保険自動車の条件によって保険料が変わるリスク細分型自動車保険を扱うようになりましたので、1人1人、加入条件によってどこの保険会社(損保)がもっとも保険料が安くなるのか?はそれぞれ異なり、自分にとって最も安い保険会社を探す場合は1社でも多くの見積もりを取り寄せて比較検討しなければなりません。


〜リスク細分型自動車保険で保険料に関わる項目〜


・年齢
・運転者
・居住地域
・性別
・運転歴
・使用目的
・使用状況(年間走行距離)
・事故暦
・車種(車両料率クラス)
・安全装置の有無(エアバックなど)


詳しくはリスク細分型自動車保険


ただ1社1社、見積もりを取り寄せていては面倒ですし、時間がかかって仕方ありません。


そこでオススメなのが、1度の入力で以下の代表的な20社に一括して見積もりを依頼することができるインズウェブの自動車保険一括見積もり」です。


インズウェブの自動車保険一括見積を利用すれば、各損保の保険料はもちろん、無料ロードサービスなども比較することができ、時間をかけずに自分に最適で、もっとも保険料が安い損保を簡単に探すことが出来ますよ(加入条件によってはネットからのの見積もりが行えない場合もあります)。


・あいおいニッセイ同和
・アクサダイレクト
・朝日火災
・アメリカンホームダイレクト
・イーデザイン損保
・AIU
・SBI損保
・エース保険
・共栄火災
・セコム損保
・ゼネラリ
・セゾン自動車火災
・ソニー損保
・損保ジャパン
・そんぽ24
・チューリッヒ
・東京海上日動
・日本興亜損保
・富士火災
・三井ダイレクト


最大20社の自動車任意保険を無料一括見積もり!






自動車任意保険の「口コミ・評判・ランキング」



車を乗り換える場合、現在加入している自動車任意保険の保険料に変更が生じる場合がありますので、必ず乗り換える前に加入している保険会社(損保)に連絡して、所定の手続きを行いましょう!(車を乗り換えたのに契約変更の手続きを行わないと保険金が出ない場合もありますよ)




ミラココアの中古車査定⇒23万円の差

ディーラー査定65万、A社63万、B社60万、C社75万、D社83万。何と23万円もの差が!ガリバー、カーセブンなど150社以上の車買取り業者が参加しているズバット車買取比較でなら、PC、スマホから車種、年式などの入力だけで愛車の買い取り価格を比較できるのです!



新車購入体験談

メーカー別 新車の目標値引き額

値引交渉の仕方とコツ

値引き額について

安く購入するポイント

諸費用(諸経費)の内訳

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年5月22日

お問い合わせ


Copyright © 2007-2017 車選びと新車購入の諸費用・税金. All rights reserved