下取り価格の上積み交渉


下取り?中古車買取専門店新車購入時に下取りする車がある場合は、ディーラーに下取り査定を依頼することになりますが、最近はディーラーに下取りに出すよりも中古車買取り専門店ガリバーなど)のほうが高値で買い取ってもらえることが多いので、ディーラーの下取り価格と買取り専門店の買取価格を比較して少しでも高く買い取ってくれるほうに売りたいものです。


もちろん中古車買取り専門店での買取査定額を武器に、ディーラーに下取り価格の上積み交渉をすることも当然、効果的ですので、ディーラーに下取りに出す場合でも、まずは中古車買取専門店などに買取査定を依頼し、愛車の買取価格相場を知っておくことはとても大切なのです。


またディーラーに下取りに出す場合でも、


「車はあるんですが、友達に売るかもしれませんので、とりあえずは下取なしで見積もりをお願いします」


などと言って、最初は下取りなしの見積もりをディーラーに出してもらい、まずは車両本体価格からの値引き交渉を進めていき、車両本体価格からの値引きが限界に近いと感じたら、下取り査定をお願いし、中古車買取専門店の買い取り価格を引き合いに出して、下取り価格の上積み交渉を行いましょう。


その結果、買い取り専門店のほうが高く買い取ってくれるなら、そうすればよいだけなので、焦って下取り査定を依頼する必要はまったくありませんよ。


ちなみに最初から下取り有で見積もりを出してもらうと、車両本体価格の値引き額が下取価格に組み込まれ、結局は車両本体価格からの値引き額が抑えられることとなりますので注意したいところです。


例えば、


・下取なし:「車両本体価格からの値引き額20万円」


・下取有で最初から商談:「車両本体価格からの値引き額15万円+下取価格の上乗せ5万円=20万円」


となってしまうことが多いので、まずは車両本体価格から最大限の値引きを勝ち取り、その後に下取価格の上乗せを勝ち取れば、より新車を安く買うことが出来るのです!


営業マンとすれば下取有で見積もりを出したほうが値引き額を大きく見せることができ、お客としても値引き額が大きくなれば、そろそろ限界かな?と思ってしまい、営業マンのペースで商談が進んでしまいますので注意しましょう!


車を高く売るコツは
http://www.xn--y8j9f245jj98b4um.com/003/ent110.html


車を廃車する場合は
http://www.kuruma-110.com/003_/


 下取り費用



ディーラーによっては、下取車の査定をお願いするだけで、下取り査定費用などとして「5千~1万円」ほどを、また下取する場合はさらに「1万円」ほどの下取車手続き代行費用を計上している場合もあるので、実際に下取りしてもらう場合はディーラーに「2万円前後」支払わなければならないこととなります。


例えば下取額が10万円だったとしても、下取り費用(査定費用+下取車手続代行費用)が2万円であれば、実質、下取額は8万円となってしまいます。


しかし中古車買取専門店では、まず無料で査定をしてもらえますし、買い取ってもらう場合でも費用はかかりませんので、商談終盤で必ず交渉してカットしてもらいましょう!


商談序盤でカットをお願いしてカットして貰った場合は、車両本体価格からの値引きが抑えられる可能性が高くなりますので注意しましょう。


「下取り費用(査定費用含む)をカットしてもらえませんか?中古車買取専門店(ガリバー、アップルなど)では無料だったんですが・・・」


「他のディーラーでは無料にしてくれたんですが・・・」


などと言えば、営業マンも渋々カットに応じてくれることが多いと思いますが、ディーラーにとってみればこれらの費用は収入源の1つなので、なかなかカットに応じてくれない場合もありますが・・・


 下取り対策費



最近は中古車買取専門店のほうがディーラーの下取よりも高値が付く事のほうが多いのですが、「事故車・低年式車・不人気車・過走行距離車」など、中古車買取専門店では値段が付かない車の場合は、逆にディーラーでは値段が付くことも珍しくありません。


例えば他メーカーの車から乗り換えさせた場合などは(トヨタ車を下取に出して日産の新車を買う場合など)、メーカーから下取対策費として(良くやった!ということで)「1~5万円」ほど出る場合がありますし、3月、9月の決算時期にはメーカーから下取対策費だけでなく奨励金が出ますので、


どのような車でも○万円以上で買い取ります


と、奨励金を下取価格に反映させているキャンペーンも良く行われていますので、値段が付かないような車はこのようなキャンペーンの時期に下取に出せば当然お得となります。


もちろん、初めから下取有で見積もりを出してもらい商談を進めていくと、間違いなく車両本体価格の値引き額が下取価格に組み込まれてしまい、結果、車両本体価格からの値引き額が小さくなりますので、車両本体価格からの値引きを最大限引き出した後に


「中古車買取専門店では値段が付かなかった車があるんですが、それでも○万円で下取りしてもらえるんですか?」


と、商談を進めていけば、結果、新車を安く買うことが出来るのです!(下取査定費用などが計上されている場合は必ずカットをお願いしましょう)


 下取りに出した場合の自賠責保険と自動車税



自賠責保険と自動車税車を売れば以下の費用が戻ってきますので確認しておきましょう!


自動車リサイクル料金

自動車税(月割計算して還付されます)


また売らずに廃車する場合は以下の費用が戻ってきます。


自賠責保険の有効期間の残存期間に応じて返戻金が還付されます(廃車(抹消登録)と自賠責保険

自動車重量税が残存期間に応じて還付されます。


ですので下取に出す場合はもちろん、中古車買取専門店に買い取ってもらう場合、または廃車にする場合でも、必ず、税金は還付されないのか?自賠責保険の返戻金は?などを確認しておきましょう。


ディーラーや買取業者によってはこちらから言い出さなければ還付されるにもかかわらず、知らないお客が多いためか、お客に還付しない場合もありますので注意したいところです。


またできれば商談の終盤に確認するようにしましょう。最初から確認すると、ディーラーからすれば本当はその還付金を懐に入れてしまおうと思っていたので、その分を値引き額に反映させていることがあるからです。


ですので知らないふりをして、車両本体価格やオプションなどから大幅値引きを勝ち取った後、商談終盤に、


「そういえば、下取車の税金(自賠責保険)は月割計算で戻ってくるんですよね?」


などと言えば、ディーラーも嘘をつくわけには行かないので、還付されると思いますよ。


もちろん、多くのディーラーではこちらから言い出さなくてもちゃんと説明して還付してくれると思いますけどね?


廃車(抹消登録)する場合に、まだ自動車リサイクル料金を支払っていない場合は支払わなければなりません。


 中古車買取り査定



最近は中古車買取業者が数多く存在しますが、中でも年間の中古車買取り台数がもっとも多いのが、「ガリバー」です。


ガリバーでは、車を売る際に必要となる名義変更の手続きを代行してくれますし、新車を購入し、納車まで車がないと困る方にも代車を無料で貸してくれるなど、高価買取りしてくれるだけでなくサービスもとても充実しているのです!


また愛車の以下の情報を入力するだけで簡単に査定を依頼することが出来ますので(もちろん無料)、まずはガリバーで愛車の買取価格を確かめてみてはいかがですか?


・メーカー名
・車種名
・年式
・走行距離
・氏名
・電話番号
・メールアドレス
・お住まいの都道府県


中古車買取実績No.1ガリバー







愛車を少しでも高く売るためには、ディーラーに下取査定を依頼するだけではなく、複数の中古車買取業者に買取査定をお願いして、買取価格を比較することが大切なのはいうまでもありません。


しかし近所の買取業者、一社、一社、愛車を持ち込んで査定してもらうのは時間がかかりますし、査定してもらう買取業者の数も限界がありますので、高値で買い取ってくれる買取業者を探すのは難しいのが現実です。


そこでオススメなのが、ネットから簡単に複数の中古車買取業者に愛車の査定をお願いできる中古車一括無料査定サイトです。


特にスバット車買取比較は、ガリバー、カーセブン、カーチス、ラビット、ジャック(jac)、ビッグモーターなど200社以上の車買取り業者が参加し、一度に最大10社へ一括査定依頼をすることができるので、もっとも高値で買い取ってくれる業者を簡単に探すことができますよ。


【無料】最大10社へ愛車の一括査定依頼!





 新車の値引額についての関連記事



新車値引額に影響する事柄
新車値引き額の限界
新車の目標値引き額?
車両本体価格からの値引額
諸費用からの値引き額
オプションからの値引き額
自動車ローン金利の値下げ




ミラココアの中古車査定⇒23万円の差

ディーラー査定65万、A社63万、B社60万、C社75万、D社83万。何と23万円もの差が!ガリバー、カーセブンなど150社以上の車買取り業者が参加しているズバット車買取比較でなら、PC、スマホから車種、年式などの入力だけで愛車の買い取り価格を比較できるのです!



新車購入体験談

メーカー別 新車の目標値引き額

値引交渉の仕方とコツ

値引き額について

安く購入するポイント

諸費用(諸経費)の内訳

免責事項&リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年7月22日

お問い合わせ


Copyright © 2007-2017 車選びと新車購入の諸費用・税金. All rights reserved